禁煙で変わるあなたの味覚

今やガンは、死亡の原因の3つの指に入ります。
将来、がんは2人に1人は発症するとも言われています。
その中でも、男女ともに多いがんの一つに肺がんがあります。
肺がんは肺や気管支の正常な細胞が、何かの原因で壊され、がん化したものです。
肺がんと言えば、タバコが原因と思われる方も多いかと思います。
喫煙でのがん発症のリスクは、喫煙をしたことがない人と比べると、欧米では20倍、日本では約4~5倍と言われています。
ただ、実際に肺がんになった人でも、すべての人が喫煙歴があるかと言えばそうではなく、タバコを吸った経験がなくても肺がんにかかっている人もいます。
タバコが原因の場合、自身が吸っていなくても、家族や周りの人からの受動喫煙によっても、影響を受けると言われています。
がんは原因があってもすぐに発症するわけではなく、長年蓄積されてなると言われているため、家族や周りの人が長い間喫煙していれば、その分影響も受けやすいことになります。

それだけではなく、肺がんには喫煙が原因のものと、喫煙との関連が少ないものがあります。
特に女性に多い、肺腺がんなどは、タバコとの関連は少ないと言われています。

また、がんは遺伝する病気と言われる事が多いですが、これもはっきりしたことは分かってはいません。
ただ、家族にがんにかかった人がいる場合、遺伝的にがんができやすい体質である可能性があります。
家族歴がある人とない人を比べた場合、ある人の方が患っている確率が高いのは事実です。
ただそれは断言できるものではないため、未だにはっきりとはわかっていません。
肺がんの場合は、食生活や周りの環境、たばこなどの原因もあるため、一概に遺伝するとは言えないのです。

ザイバンはニコチンを摂取しない禁煙治療薬
正規品チャンピックスの通販価格情報