禁煙の達成率を上げる為に禁煙内科への外来率を高める

たばこには様々な化学物質が含まれていて、発がん性のあるものもあることがわかっています。
世界中で禁煙の重要性が認識されており、がんや呼吸器疾患を始めとした病気の発症率を下げるために禁煙が大切になります。
日本でも医療機関において禁煙内科が設置されているところが増えており、外来率を高めることでたばこを止めれる人を増やせるようにしています。
たばこの害への意識が高まっていることもって、禁煙内科への外来率は増加している傾向にあります。
禁煙内科を受診することでたばこを止めれる確率が高くなると言われており、外来率を引き上げることがたばこによる病気のリスクを減らすことにつながります。
禁煙内科では厚生労働省の認可を受けている、禁煙補助剤のチャンピックスの処方が行われています。
たばこを止めるための治療法としては、ニコチンを含んでいるニコチンガムやパッチを使用する方法も活用できますし、心理療法や運動療法などによって改善させることも可能です。
様々な禁煙の方法を試みたにも関わらず、達成できなかったときにはチャンピックスを服用することが推奨されており、禁煙を妨げる最大の要因であるニコチンによる離脱症状を軽減させる効果が得られます。
たばこを止めることによって、たばこへの切望感が高まることや、集中力が減ること、イライラすること、眠気や吐き気、頭痛などの症状に悩まされる場合があります。
これらの離脱症状はニコチンの摂取を止めたこととされていますが、チャンピックスを服用することで、ニコチンに代わって神経伝達物質の放出を行いますので、症状を軽くすることができます。
チャンピックスの服用を12週間継続することによって、高い禁煙達成率を実現できています。